友だちに過ぎない

Posted on

心理学的に言うと、ヒトは遭逢してから2度目、または3度目にお相手との連関が定まるというロジックが存在します。

たかだか3回のコンタクトで、彼女が友だちに過ぎないのか恋愛感情が生まれるのか見極められるのです。

休みの日はいつも出かける…とか、恋人に後ろ暗いところがありそうだとか、恋愛は悩みがあるからこそエキサイティングっていう経験も確かにあるけれど、深く悩みすぎて学校生活に意欲が湧かなくなったらたちが悪いですね。

ある程度の期間ボーイフレンドにときめいていないと恋愛と称する資格はない!という主張は思い違いで、そこまで意固地にならなくても自己の感情をそのまま置いてほしいと思います。

男の人から悩みや恋愛相談を依頼されたら、それは最も好意を抱いているというのは大げさかもしれないけど親しみを感じている合図です。好感度を高めて仕掛ける動機を生み出すことです。

よしんば、適度に行動にメリハリをつけてはいるが、いつまで経っても希望していたような出会いがない、という散々な結末なのであれば、その行動を最初から振り返る必要性があるということです。